nlpのプラクティショナーの資格を取得する|最新の心理学を学ぶ

婦人

経営のプロを目指す

レディ

モチベーションを維持

MBAを取得するには、大学院にあたるビジネススクールを卒業しなければなりません。当然ながら入学試験もありますし、かなり長時間の勉強も必要になります。海外に留学するとなると多額の費用がかかり、日本でも働きながら全日制の学校へ通うのは不可能です。夜間学校もありますが、仕事の忙しい方が継続して通うことは難しいでしょう。通信制のビジネススクールは、キャリアを中断せずにMBAを取得できる点がメリットです。仕事の合間に効率的に学べるので、社会人でも無理なく続けることができます。ただし通信制は自由度が高いだけに、つい怠けてしまう可能性があるので注意が必要です。資格取得まで高いモチベーションを保ち続ける必要があります。

幹部社員への登竜門

MBAは日本語にすると経営学修士号の略で、アメリカでは幹部社員への登竜門とされており、近年では日本や新興国でもニーズが高まっています。年功序列制が崩壊しつつある現在、経営幹部としての実力を証明する有力な手段と言えるでしょう。通信制のビジネススクールは利便性が高い反面、双方向のコミュニケーションが取りにくく、人脈を広げにくいといった問題点も懸念されています。しかし最近ではインターネットを使ってディスカッションが実施できたり、他の受講生と連絡を取れたりするスクールも開講されています。全日制に劣らないほど高い評価を受けている通信制のスクールもあるので、MBA取得を目指すなら検討してみる価値があります。